スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「東方十全歌」の掲載を開始しました
2010-09-02 Thu 17:48
今日は月☆流星忌(月命日)です。先月の祥月命日にぐずぐずしていた、天馬流星の

公式最終作品「東方十全歌」


の掲載を開始しました。

この作品は亡くなった年の4月26日に東方創想話に掲載され、連休明けまでに全5話がアップされたはずですが、天馬流星は何を思ったか、1か月足らずですべて削除をしてしまいました。
そのためデータの収集に大変苦労しましたが、東方の関係者のご協力で5話すべてを集めることができました。

当時、天馬流星は東方創想話からの脱皮。オリジナル作品の創作に向買っていたような気がします。未公開作品の傾向がそれを示しています。この「東方十全歌」にも東方プロジェクト以外のキャラや設定がでてきます。それよりも何よりも、この作品はミステリー仕立てという、従来の創想話とは少し違ったテーマを扱っています。
この日も、そんな主の言葉をいただくことになる。
「あなたに、空(くう)は斬れないわ」
そして、それが発端となった。


――東方十全歌 ~Lost World beyond the Border

この作品はこの「あなたに、空(くう)は斬れないわ」で始まります。天馬流星の墓石には、この作品にも関係あるように「空」と刻んであります。

今日の月☆流星忌も大変暑い一日でした。お墓参りに行って、まずバケツで5杯ほど水をかけて、冷やしてあげました。私のズボンもびしょ濡れになってしまいました。刻まれた「空」を冷やし、先ほど最終作品の第一話をアップしました。毎月1話ずつです。

来年の1月にはそれも終わります。天馬流星が自分で遺した作品のアップはすべて、この東方十全歌でおわります。それ以降は、管理人である私「流星の父」が未公開作品の中から世に出して恥ずかしくないものを選んで、公開していくことに決めました。

3年もの長い間、東方の関係者の皆様にはご協力とご迷惑をおかけしましたが、当面の目的、目標は「東方十全歌」の掲載で達成されました。

これからは遺族の「生きる証し」として、この「流れ星第二工房」を続けていこうと思います。ご理解をいただき、今後ともご協力のほどよろしくお願いします。
スポンサーサイト
別窓 | 天馬流星の旅 | コメント:4 | トラックバック:0 |
天馬流星の旅:小笠原夕日編
2009-12-03 Thu 20:01
小笠原は何度でも訪れたい最も好きな場所のひとつです。
2004 年8月(2度目)に小笠原丸から見た海と空と夕日は、なにものにも代え難い美しさでした。

曲:Water Sky (吉田由利子)

別窓 | 天馬流星の旅 | コメント:0 | トラックバック:0 |
天馬流星の旅:日本最北端 礼文島編
2009-07-19 Sun 08:53
 さて、既に去ったとはいえ、台風の影響が怖い。揺れるという前の客室からは速やかに離れることにした。 しかし、客室が空いているのなんの。ガッラガラー。小笠原のあれと比べると、鳥取砂丘とサハラ砂漠くらい違う。たとえがよく分からない。
 けっこう揺れるかと思っていたが、酔い止めの効果もあって爆睡してしまった。つまり結果オーライ。 うっわでか!町でか!島全体でかいな。港につくと、応援団みたいに声の枯れた兄ちゃんが出迎えた。車が出るまで時間があるため、メシを食ってくることにした。千鳥というところのホッケのチャンチャン焼きがうまいらしい。ちどりってどこかで聞いたことがあるなあ。サケのチャンチャン焼きが本土で有名らしいが礼文ではホッケらしい。そんな料理、一度も聞いたことないけどな。特に、他に食いたいもんもないのでそれにしてみた。ほぼまるごとのホッケにミソのっけて、炉端焼き。あっ、けっこううまい。単品でも食えるらしいけど、ごはん一緒に食った方がおいしいと思う。
ブログ:http://blog.nagareboshi2nd.net/?page_id=86
YouTube: http://www.youtube.com/watch?v=vZuPZOC7FoMより)



別窓 | 天馬流星の旅 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 月讀 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。