スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
IPA セキュリティセンター いちおし! 情報セキュリティ対策サイト
2006-10-24 Tue 08:48

情報処理推進機構:情報セキュリティ


◇ホームページの内容◇

IPA(情報処理振興事業協会)は法律に基づいた特別認可法人で、情報処理の振興を目的に、プログラム開発、情報処理サービス業への助成、情報セキュリティ対策、人材育成などを行っている団体である。そのセキュリティセンターは、情報セキュリティ対策の啓発活動、具体的な対策情報・対策手段の提供、そして、安全な情報基盤整備に力を入れている。

ここのホームページはその事業目的にかなうように、素人からプロまでを対象にした情報提供を心がけているのが特徴だ。例えば、ユーザー向けとして、情報セキュリティ対策、ウイルス対策、不正アクセス対策に分けられているが、情報セキュリティ対策としては、情報システム部門責任者向け、システム管理者向け、エンドユーザー・ホームユーザー向け、SOHO向け、ネットワーク事業者向け、ベンダー向けに分けられており、それぞれの立場に合った対策を見ることができる。また、ベンダー向けには暗号技術、セキュリティ評価・認証などの専門情報も公開されている。


◇これはいい◇

政府系や海外の調査報告書はここでほとんど調べられ、アクセスできるのがうれしい。

また、もともとウイルスの「元締め」であったので、ウイルスに関する公式発表や対策はわかりやすく、ここに勝るところはない。特に「ウイルス対策スクール」は出色である。基礎知識編、トピックス編、資料編に分かれており、初心者にわかりやすい。資料編にウイルス対策チェックシートがついており、感心させられる。ウイルス感染や不正アクセスの被害があったときには届出をすることになっているが、このページから届出ができる。トピックス編に書かれているウイルスの種類がちょっと古いのが気にかかるがトップページにはウイルスの最新情報が掲載されているので、補えば十分使える。


◇インターネットサーチのヒント◇

インターネットをサーチするときには必ず、ワクチンソフト、ファイアウォールをパソコンに入れておきたい。そしてWindowsであれば、定期的にマイクロソフトのサイトからセキュリティパッチを当てておきたい。気がつかないうちに不正アクセスやウイルス感染が起きて、人に迷惑をかけることを防ぐためである。これは今やインターネット利用のエチケットといえよう。

別窓 | コラム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<30歳のリアル | 月讀 | 米国の学校暴力を知りたい:校内暴力防止センター>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 月讀 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。