スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
心中天網島とすっぽん鍋!?
2006-10-30 Mon 09:18

蜆川

「其涙が蜆川へ流れて小春の汲で呑やらふぞ。」(その涙が蜆川に流れたら、小春がくんでのみやろうぞ:近松門左衛門、心中天網島)とうたわれた蜆川。

蜆川は、それに架かる橋とともに近松の心中天網島の重要な舞台であった。この蜆川(曾根崎川)のほとりに饗応茶屋『河佐』はあったという。蜆川は明治42年の大火で埋め立てられてしまって今はないが、堂島割烹「河佐」は、その跡地に復興してもう30年になる。

これからの寒い季節には、ここのすっぽん鍋はおすすめである。鍋をつつけば、女性はコラーゲンを、男性は精力を得て、「梅田の橋をかささぎの橋と契りていつまでも(曽根崎心中)」となりはしないか。

時代は移り、わざわざ北新地まで行かなくても、河佐のすっぽん鍋セットをインターネットで購入できる。ギフトのシャディが「とっておきお取り寄せグルメ」の特集をしている。「お取り寄せならシャディで」だそうだ。。近松ものに興味を持ったら是非、お立ち寄りください。

おそまつさまでした。

FC2 Blog Ranking

別窓 | 商品紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<自然保護も楽じゃない!? | 月讀 | 危機管理(カナダ)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 月讀 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。