スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
リスクの語源
2006-11-03 Fri 10:50

Riscareというのは、riskの語源といわれているラテン系の古語である。riscareからイタリア語ではrischioになったらしい。 らしいというのは、ビーター・バーンスタインが著書「リスク」の中で、イタリアの古語である「riscare」がriskの語源で、「勇気を持って試みる」という意味であったと書いてしまった。

リスク〈上〉―神々への反逆 リスク〈上〉―神々への反逆
ピーター バーンスタイン (2001/08)
日本経済新聞社
この商品の詳細を見る

しかし、ちょっと調べると、riscareというのは、語源不詳で、意味は「run into danger」、つまり「危険に飛び込む」らしい。 また、Once in a Blue Moonはリスクマトリックスの頻度の表す典型的な項目だが、英語の熟語で「極めて稀に」という意味である。リスクなんて滅多にないことがほとんどであるから、ちょっとかっこよげにつけてみたものだが、Blue Moonも「その月2回目の満月」というのが普通の解釈であるが、これも違うらしい。一生懸命調べた人がいて、ホームページに載っている。 よく調べたもんだ。尊敬してしまう。

e_04.gif

別窓 | リスク研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<東京主義と京都主義 | 月讀 | 防犯と住宅>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 月讀 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。