スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
うちに限って症候群
2006-11-10 Fri 03:22

マーフィの法則に「悪いことが起きる可能性があれば、それは必ず起きる」(If anything can go wrong, it will.)というのがある。

米国の保険引受団体、ファクトリー・ミューチャルは「起きたことはまた起きる」という題名の有名な事故例集を発行している。このように可能性のあるものは必ず起きると考えるのは健全な考え方である。


しかし、米国でも「うちに限って症候群」(What-happened-can't-happen-here syndrome)といって、よそで悪いことが起きても自分のところは大丈夫と考えることを病気に例えてこう呼ぶことがある。わが国にも「うちに限って症候群」が蔓延しており、安全対策等の障害になっているのではないだろうか。


リスクマネジメントは、リスクに大小はあっても、リスクが存在することを認めるところから出発している。ここでいう“リスク”とは“損失の可能性”という意味である。つまりリスクは、放置すれば現実に損失が発生しうることをいう。一般的にはこのように考えて差しつかえない。

別窓 | リスク研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<菊芋の花が咲いた | 月讀 | アジアの災害情報を知る>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 月讀 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。