スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ケータイでプレゼンをしたい!
2006-12-09 Sat 00:00

「PHS」から「ピッチ」へ、そして「WILLCOM」へ変わった。私は「ピッチ族」です。8年ほど前にモバイルをやるのに、PHS以外に速いデータ通信はなかった。それ以来、死語と言われるピッチを使ってる。 WILLCOMのブランド戦略のおかげで、少し肩身が広くなった気がする。次々に新しい製品やサービス(定額コースなど)を世に出し、ファンも少し増えた気がする。 そんなWILLCOMが昨年から力を入れているのが、<a href="http://www.willcom-inc.com/go/ad_wzero3/index.html" target="_blank">W-ZERO3である。特に、今年発売された[es]はスゴイ!

WILLCOMがあげている特徴的な機能は次のとおりだ。

■OSには「Windows Mobile 5.0」が採用され、WordやExcel、PowerPoint、PDFなど、パソコンのアプリケーションとの互換性も抜群。<br />

■通常のケータイにある「ダイヤルキー」のほか、パソコンと同じQWERTY配列の「スライド式キーボード」も搭載し、2種類の入力方法をサポート。<br />

■2.8型VGA(640×480)サイズの液晶は上下左右160°の広視野角で美しい画像を再現。<br />

■「Windows Media Player 10 Mobile」を搭載し、パソコンから取り込んだ音楽や動画データが楽しめる。<br />

■[es]では、かしこい日本語入力システムで定評のあるATOKを搭載。<br />

■[es]では、USBホスト機能に対応したことにより、高い拡張性が生まれた。<br />

でもね、私はZERO3[es]をスライドプロジェクタにつないだプレゼンに期待している。ノートPCがいくら1kgを切ったというものの、ACアダプター、ノートPC、マウスそして講演資料をもって、泊まりで講演旅行をすると、結構しんどい。 軽いPCはないかなと常々思っていた。W-ZERO3[es]は、175gでプレゼンができる。もちろんプレゼンターションアダプタが必要なので、トータルで500gにはなるが、それでもノートPCをもっていくより遙かに楽だ。アダプタには、ConnectPort Display、Pitch Duo、miniClient MC-240などがあるが、私は[es]にあわせたようなPitch Duoに期待している。

Pitch Duoには、キーボードもマウスも接続できるので、PCの代わりにも使える。いろいろ制約もある(動画やアニメーションが使えないとか)ので、まだまだ「途上」という感があるが、動きも軽いようだ。 ケータイで講演やセミナーをやったらびっくりされるだろうなあ。来年は是非チャレンジしてみたい。 また、[es]はキーボードを閉じるとまるでケータイの形をしていて、ケータイとして使える。これまでのW-ZERO3(WS003SH、WS004SH)はまるでPDAの形をしていた。やはり外形的にもケータイであるのがいい。

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<■地域新聞とは | 月讀 | バイタルリスクとは>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 月讀 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。