スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
明日
2008-01-30 Wed 03:32

ここ半年ばかり(息子が逝ってから)、平原綾香の「明日」が頭の中でリフレインしていることが多い。

花の色、香り、エッセンシャルオイルの香り、バッチフラワーレメディ、音楽、詩や俳句など、心にいいと思われるのは何でもやってきた。「癒される」というよりは、零下10度の時に零下5度のものがが暖かく感じられる、少し心地よいというのに似ている。

こうした心地よさは、難しくいえば、身体を構成する電子の共振なのだろうと思う。自分の存在は確率的であるという量子論の正しさを最近実感する。

「明日」はエリッククラプトンのTears in Heavenとは違い、歌詞を気に入っているというよりは、音がココロの周波数に同調するために心地よいのかもしれない。

難しく書いたが、要は聴いていると「独りじゃないんだ」と思える。平原綾香が同じクラブの人とは思えないが、ココ

ロはキレイな人なのだろうと思う。

D

<歌詞>

ずっとそばにいると

あんなに言ったのに

今はひとり

見てる夜空

はかない約束

きっとこの街なら

どこかですれ違う

そんな時は笑いながら

逢えたらいいのに

もう泣かない

もう負けない

思い出を越えられる

明日があるから

そっと閉じた本に

続きがあるなら

まだ何にも

書かれてない

ページがあるだけ

もう泣かない

もう逃げない

懐かしい夢だって

終わりじゃないもの

あの星屑 あの輝き

手を伸ばして今

心にしまおう

明日は新しい

私が始まる

(作詞:松井五郎、作曲:ANDRE GAGNON)

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<防犯と住宅 | 月讀 | 金輪際>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 月讀 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。