スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
【読書メモ】うとうやすかた
2010-03-15 Mon 07:10
 「陸奥の外の浜なる呼子鳥鳴くなる声はうとうやすかた(伝藤原定家作)」と詠われた「善知鳥(うとう)」。伝説の鳥といわれていたが、現実にもいる。ただ、親鳥が「うとう」というと子鳥が「やすかた」と言うことはないらしい。
 この伝説から謡曲「善知鳥(うとう)」が作られた。

鹿を逐ふ漁師は、山を見ずといふ事あり。 身の苦しさも悲しさも、忘れ草の追鳥、高縄をさし引く汐の、末の松山風荒れて、袖に波超す沖の石、または干潟とて、海越しなりし里までも、千賀の塩竈身を焦がす、報ひをも忘れける、事業をなしし悔しさよ。そもそもうとう、やすかたのとりどりに、品変りたる殺生のなかに無慚やなこの鳥の、おろかなるかな筑波嶺の、木々の梢にも羽を敷き、 浪の浮巣をも掛けよかし、平沙に子を生みて落雁の、はかなや親は隠すと、すれどうとうと呼ばれて、子はやすかたと答へけり、 さてぞ取られやすかた。
 うとう。
 親は空にて、血の涙を、親は空にて血の涙を、降らせば濡れじと、菅蓑や、笠をかたぶけ、ここかしこの、便りを求めて、隠れ笠、隠れ蓑にも、あらざれば、なほ降りかかる、血の涙に、目も紅に、染めわたるは、紅葉の橋の、鵲か。娑婆にては、うとうやすかたと見えしも、うとうやすかたと見えしも、冥途にしては化鳥となり、罪人を追つ立て鉄の、嘴を鳴らし羽をたたき、銅の爪を磨ぎ立てては、眼を掴んで肉を、叫ばんとすれども猛火のけぶりに、むせんで声を上げ得ぬは、鴛鴦を殺しし科やらん。逃げんとすれど立ち得ぬは、羽抜け鳥の報ひか。うとうはかへつて鷹となり、われは雉とぞなりたりける、遁れ交野の狩場の吹雪に、空も恐ろしい地を走る、犬鷹に責められて、あら心うとうやすかた、安き隙なき身の苦しみを、助けて賜べや御僧、助けて賜べや御僧と、言ふかと思へば失せにけり。(地唄)

 (解説)能の「善知鳥」から取ったもので、陸奥外の浜への途次、立山に立ち寄った僧が、地獄そのままのような恐ろしい光景を見て下山すると、一人の老人が現れ外の浜で亡くなった猟師の遺族を訪ねて、自分を供養するよう伝言して欲しいと言い、これを証拠にと着衣の片袖を引きちぎって渡し姿を消す。僧は外の浜でその妻子を訪ねる。残されていた衣に袖はぴたりと合った。弔いを受けて猟師の亡霊は姿をあらわす。子の鳥を殺した報いで、我が子の髪をなでようとしてもはたせない。親が「うとう」と呼べば子は「やすかた」と答える。子の鳥の習性を利用して猟をしていたこの者は、生前の所業を再現して見せた後、地獄の責め苦として、雉になった自分が鷹になった善知鳥に追われ逃げ惑う姿を見せて、僧に助けを乞う。

 子鳥を奸計によって、捕らえられ殺された親鳥が化鳥となって、漁師を罪びととして責めたてる。津軽での話。
血の雨に濡れじと笠や蓑を傾けしも間にあわずここあちらと逃げ惑えども血の雨は降り止まず。
くろがねの口ばしを鳴らし、羽を叩き、あかがねの爪を研ぎたてて、眼を掴まれ肉を裂かれ、叫ぶとすれど猛火の煙、逃げんとすれど立つこともならず、空に鷹、地に犬の狩場の生命さながら。
」という凄まじさだ。

 気持ち、分かるよ、善知鳥(うとう)くん。善知鳥とは善きことを知らせる鳥という意味のようで、元々は気立てのよい親子の絆のとても強い鳥だということだ。



(室町時代の津軽海峡冬景色だ)
別窓 | 書籍紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |
天馬流星の旅:小笠原夕日編
2009-12-03 Thu 20:01
小笠原は何度でも訪れたい最も好きな場所のひとつです。
2004 年8月(2度目)に小笠原丸から見た海と空と夕日は、なにものにも代え難い美しさでした。

曲:Water Sky (吉田由利子)

別窓 | 天馬流星の旅 | コメント:0 | トラックバック:0 |
銀木犀
2009-10-18 Sun 17:52
 先週、ようやく金木犀が咲き、風にその香りが流れていると思ったら、いつのまにかそれも止んでいました。そして、家の近所では小学校の銀木犀が咲き、とてもいい香りを放っています。

 金木犀は柑橘系の香り、そして銀木犀は乳清の香りとでもいいましょうか。色と関係あるのかなあ、などとつれあひと話しながら朝の散歩をしました。


金木犀
 

銀木犀


銀木犀の俳句を詠もうと思って、歳時記をめくっていたら、こんな句がありました。

木犀の風が好きです扁桃腺   (服部修一)





私には分からないのですね、この類の句が。「木犀の風が好きです」は分かりますよ。でも、それと扁桃腺はどういう関係があるのですかね。
木犀の香りが扁桃腺炎に効いたとか、扁桃腺炎を患っているときに木犀の香りが流れてきたとか、言うのでしょうか。

 変です。うまい俳句なのでしょうが、「木犀の風が好きですリンパ腺」とどこが違うのか、悩みます。

 還らざる子の匂ひして金木犀    (三枝青雲)

 これなら分かります。うまい!

 木犀の匂ひ変はれば墓参り   (歩々)

 三回忌が過ぎて、墓参りも何となく2週間に1度で大丈夫になってきました(それまでは毎週行かないといけませんでした)。
別窓 | 短歌・俳句 | コメント:0 | トラックバック:0 |
未公開作品が出てきた
2009-10-12 Mon 16:52


天馬流星(真史)が亡くなったあと、見つからないものがいくつかあった。
ひとつは小悪魔のフィギュア。彼が撮った写真にあり、確かに私も見たものだ。このフィギュアは天馬の描く小悪魔に似ていると思っていたから現物を是非探したいと思っていた。

もうひとつはiPod。彼が入院したとき、暇つぶしにと買ってあげたものだ。亡くなったあと、これも部屋に見あたらなかった。
何度探しても見つからなかったので、小悪魔とiPodは浄土まで持って行ったのだろうと思う事にしていた。

ちょうど、ブログに旅日記をアップしているとき、2004年の北海道ひとり旅の日記が一部欠けていたので、つれあひが部屋を探していたら、iPod以外出てきた。小悪魔も、日記も、そして未公開作品まで出てきた。それは今までどこを探していたのかと思うくらいだ。

未公開作品はノートで4冊。タイトルは「雪夏塚(せつげつか)」である。
執筆時期はまだ不明であるが、表紙に2002年の検印が押してあるので、それ以降であるのは間違いない。このほかにも電子データで残っている作品の直筆もノート2冊分出てきた。

今になって、今頃、何なのだろうか。

とまれ、この膨大な旅日記も、未公開作品も、みんな電子化して、アップしていきたいと思っている。乞うご期待です。
(公開作品が残り少ないので、あの世から送ってきたかな?!)

(注)ブログ「流れ星第二工房」編集後記とmixi日記同時投稿
別窓 | 暮らし・住まい | コメント:0 | トラックバック:0 |
金木犀
2009-10-11 Sun 17:57
 金木犀がようやく満開です。先月の末から今年は遅いね、といいながらわんこの散歩をしていましたが、台風18号が去ると一気に開花しました。

 これも金木犀だったの、あれも、と言う具合に金木犀だらけです。花の香りは鼻の悪い私にも分かるくらい芳しいです。風のあるときは、香りで咲いている場所が分かります。

  まちなかに示し合わせて 金木犀   (歩々)

 今年はどうして遅かったのでしょうか。去年のフォトブックを開けてみると、今時分はもう金木犀は終わって、銀木犀が咲いていました。この銀木犀はこれからのようです。近所の小学校にあるので開花が楽しみです。

 この木犀は香りに比べて、花が地味なので写真が上手く撮れません。今日は一日中カメラ片手に散歩していましたが、上手くいきませんでした。

 


 


 藤袴もとて甘い香りを漂わせていますが、風にのって流れる金木犀の香りは晩秋を感じさせてくれます。

 風ながれ 香に匂ひたつ 金木犀   (歩々)
別窓 | 暮らし・住まい | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | 月讀 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。